日野市公民館基本構想・基本計画

日野市公民館基本構想・基本計画を策定しました

公民館が日野に設置されたのは昭和41年の7月1日です。当時の青年学級に通った若者達は、町を支えるリーダーに、そして婦人学級に参加していた女性たちは子育てを終え、新たな学習に取り組んだり、地域活動に活躍されていることではないでしょうか。

公民館は人と学びの出会い、人と生きがいの出会い、人と人との出会いを通して、「人育ち、まち育ち、社会育ち」を目指して活動しています。  公民館で学習や仲間と出会った多くの市民の皆様が、公民館を拠点に、または公民館を巣立ち、市内各所で活躍されていると思います。

この度策定しました公民館基本構想・基本計画は、今までの活動の良いところを継承しながら、現代ニーズに沿った公民館活動を目指しました。そして、策定に当たっては、学びの主役である市民の参画を図るため、一般公募を行い、15名の策定委員の参加をいただきました。

本構想・計画のメインテーマは「市民による市民のための公民館」です。サブテーマは「地域に生きる市民の底力」です。この両テーマとも市民の策定委員会の皆様により作られたことに大きな価値があると考えています。

市民参画で作られた、公民館基本構想・基本計画を市民協働で実行していけるよう、市民の皆様のご協力をお願い申し上げます。

なお、この構想・計画は日野市中央公民館、同高幡台分室、市政図書室、市内各図書館でもご覧になれます。

プリンタ用画面 友達に伝える

ページ移動

カテゴリートップ
日野市公民館基本構想